前へ
次へ

自己破産の相談は無料の事務所がおすすめ

自己破産の手続きを進めるなら、まず弁護士に相談してみるのがおすすめです。
自力で自己破産の手続

more

自己破産にはメリットもデメリットもあります

複数のカードローン会社からお金を借りてしまって、もはや借金の返済が出来なくなっているような状態の人達

more

自己破産は司法書士と弁護士のどちらが良いか

自己破産に関して専門家に相談する場合、主な選択肢は2つあります。
司法書士もしくは弁護士です。

more

自己破産をしたら保証人にどう影響するか

比較的簡単なローン商品としてカードローンがあり、無担保で保証人なしで利用できるケースが多いです。
条件が整えば高額の借入もできますが、通常は最初は少額の借入しかできないようになっています。
その後信用を得られるとどんどん借入限度額が増やせる仕組みになっています。
一定額以上の借入を新規に行うには信用が必要で、その条件として保証人をつけるように言われるときがあるでしょう。
家族になってもらうほか友人などになってもらうときもあるはずです。
保証人にはいくつかの種類があって、一般的な保証人と連帯保証人が良く知られています。
一般的な保証人は債務者が払えなくなった状態になったときに返済請求されるので、債務者がきちんと返済をしていれば迷惑をかけることはありません。
連帯保証人は債務者が払える状態でも返済請求されるときがあり、借りた時点からそれなりに迷惑をかけるときもあります。
一度でも返済期限に送れるとそれ以降連帯保証人に返済請求が行くときもあるようです。
借入においてはどうしても必要になる保証人ですが、債務者としてはできれば保証人に迷惑をかけずにすべてを終わらせたいと考えるでしょう。
借金に関するすべてを終わらせる方法としては自己破産の手続きがあり、これによって自分の借金はなくなるので保証人にもその請求が行かなくなると考える人が結構います。
そう考える人は事前に保証人に何も相談をせずに自分だけで自己破産の手続きをして、後で保証人に大きな迷惑をかける可能性があります。

東京・名古屋の健診票データや問診票データ等のデータ入力代行の依頼はこちら
BPOが低価格料金で入力します!お気軽にご相談ください

喫茶店 ロケ

ロケ地の検索ならハーミットクラブがおすすめ
大衆居酒屋からおしゃれな居酒屋など幅広いジャンルの店舗を取り扱っております

クレジットカード決済

アンケート入力のレベルが高い東京の会社
20設問以内の原稿であれば、1日5,000~8,000件の入力処理を行うことが可能です。

実は自分自身の借金が免責されたとしても保証人に対する債務が消えるわけではありません。
債権者は元の債務者から取りたてができないとわかったら保証人に対して請求を行うでしょう。
このとき保証人も借金を返済する能力が無い時には保証人自身にも何らかの債務整理をしてもらう必要があります。
もし自己破産をしようと考えているならまずは保証人に相談しなければいけません。
保証人も一緒に自己破産の手続きをしてもらうこともあるでしょう。

Page Top